Withコロナ時代に改めて考えたい、「家族」とは?

前回紹介したLAXIC:ラシクさんの記事、Withコロナ時代に改めて考えたい、「家族」とは?不妊治療を経て、特別養子縁組で二人の子どもを授かったセキユリヲさんインタビューが公開されました。社会が変容し続ける今、みなさんも「家族」のことを振り返ったり、考えたりしてみませんか?

ーーセキさんにとって家族とは?

「うちの子どもは『一緒に住むことだよ』って言っていて『あ、そうだね』って思いました。血の繋がりとかではなく、毎日、同じ釜の飯を食べて眠って、同じ歌を歌って…。暮らしの全部を一緒に過ごすことが家族。」(以上インタビューより一部引用)

新しい家族のカタチを考える会

価値観の多様化にともない、誰もがいずれかに属する最小の社会集団である「家族」の在り方も多様化しています。「新しい家族のカタチを考える会」は、今日的な家族を取り巻く制度や状況について、共に学び、理解を深める場です。

0コメント

  • 1000 / 1000